相続の件は知識が必要~ゾクゾウ相続相談所~

身近な保険で解決

保険会社が示談交渉できない場合

自動車を運行中、不運にも事故に遭ってしまった場合、自動車保険を加入している保険会社がすべて面倒を見てくれると思われている方は少なくないでしょう。 確かに多くの場合は保険会社が、相手方ないし相手方が加入している保険会社と示談交渉して問題を解決することになります。 しかし、保険会社が示談交渉できない場合があります。 それは、自分が過失が全くない場合です。たとえば、信号待ちで停止している時に追突されたり、駐車中の自分の車に相手車が接触して損傷した場合です。 これは弁護士法の規定によるもので、自分が過失が0の場合の交通事故については保険会社が示談交渉できないのです。 相手方がしっかり賠償してくれればいいのですが、そうでないケースも考えられます。

弁護士費用補償特約について

そこで役に立つのが、自動車保険の弁護士費用補償特約です。 この特約は、自動車事故において弁護士を立てたり、訴訟にかかる費用などを補償してくれるものです。補償の上限は、300万円としているところが多いです。 この特約があれば、万一、相手側が賠償請求に応じてくれない場合でも、弁護士を立てて対応することが可能です。 また、自分の過失が全くなく、しかし、相手が賠償に応じてくれない時だけではありません。過失割合で折り合いがつかない場合や傷害と交通事故の因果関係で折り合いがつかない場合などにおいても、弁護士が必要となる場合があります。そんな時でもこの特約は活用できるのです。 何かがあった時のための保険ですから、しっかりと備えをしておきたいものですね。