相続の件は知識が必要~ゾクゾウ相続相談所~

今後の為に対策

もめないための対策として遺言書

相続と聞くとよくもめるといったことを聞きます。これは故人が残してくれたお金を相続人で分け合う時に少しでもお金をもらいたいといった欲望からもめることが大半です。相続では法律で各相続人の取り分が決まっていますが必ずしもこれに従う必要は無く、各相続人の間で話し合いがまとまれば取り分を自由に変更することが出来ます。この時故人の介護をしていた人がそれまで疎遠だった人より取り分が少ない時などがもめることとなります。あくまで法律上の取り分を各相続人は主張できます。なのでこういったもめ事を無くす方法は遺言書を残してもらうことです。遺言書の効力は絶対のため各相続人は従うしかありません。故人が生前で元気なうちに遺言書を書いてもらうことが無難です。

相続税対策の方法について

別に相続税の問題もよく取り沙汰されています。折角故人が残してくれた多くの財産が税金で多くのお金を支払う必要が発生してしまいます。この相続税の割合は法律で決まっており、本年度より税の対象外とされる基礎控除額が減ったことから今後多くの人が税金の問題に直面することとなりました。よって早くから税金対策が必要となっています。なかなか有効な方法はありませんが、中でも生前贈与が有効な方法とされています。故人が生きている間に毎年贈与税のかからない範囲で少しづつ贈与していく方法です。また持ち家のある人は税金を現金で納める必要があるため資産価値の高い家であると税金のための現金を多く準備する必要がありますので現金を準備しておくことも重要です。